ロレックス:デイトジャスト・116234 リューズの操作感はいつものロレックス。

2019-02-12 admin 0 Comments

ロレックス:デイトジャスト・116234 リューズの操作感はいつものロレックス。

リューズ操作は通常の日付表示付き機械式腕時計と同じですね。

ねじ込みロック式なので、リューズを回してロックを解除し、さらに回すとゼンマイを巻き上げることができます。

「ギリギリギリギリ・・・」という固い手応えがロレックスらしいですね。

リューズを一段引き出して回すと日付変更、さらにもう一段引き出して回すと長針を回して時刻変更ができます。

あと、今からお話しすることは僕個人だけの印象かもしれませんが、ロレックスのデイトジャストのリューズはあまり好きではありません。

ロレックスのリューズに関しては、手応えが固く、力を必要とします。

サブマリーナのようにリューズが大きくてしかもリューズガードが付いているものは、ねじ込むきっかけがつかみやすくて扱いやすいと思えるのですが、このデイトジャストのように小さいものは、僕は個人的にちょっと扱いにくさを感じるのです。

どうもねじ込むきっかけがつかみにくいんですね。

そしてネジ山も時々掃除してあげないと、ねじ込む時に固さを感じるようになりうまくねじ込めなくなることがあります。

なんだかんだと気になる点も挙げましたが、全体的な仕上がりは定価80万円に恥じないレベル。

この時計と同じくらいのお値段で、到底及ばないレベルの他ブランドの時計などいっぱいありますから・・・。

ただ・・・進化しすぎてしまって、日常ビジネスシーンで使うにはゴージャスすぎるかな・・・とも思えます。

すごく贅沢な悩みなのですが、ちょっとラグジュアリー感が濃密すぎて、しかも重いため、人によっては気を遣うこともあるかもしれません。

お値段とクオリティーのバランスが取れて入ればそれでオッケーとならないところが難しいところですね。

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です