モンブランスターレガシーメタモルフォシスリミテッドエディション8 118832

2019-03-27 admin 0 Comments

モンブランスターレガシーメタモルフォシスリミテッドエディション8 118832

Ref.:118832
ケース径:50.0mm
ケース厚:18.9mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド(ポリッシュ仕上げ)
ストラップ:グレースフマートアリゲーター、18Kホワイトゴールドのトリプルフォールディングクラスプ
防水性:3bar(30m)
ムーブメント:手巻き、Cal.MB M67.60(モンブランマニュファクチュール)、約50時間パワーリザーブ、毎時18,800振動(2.5 Hz)、61石
仕様:表示オフセンターの時針と分針、12時位置のスモールセコンド(シャッター閉鎖時:6時位置の24時間スケールとデイ&ナイト表示に囲まれた北半球儀で示すワールドタイム /シャッター開放時:12時位置の特許取得済のエグゾトゥールビヨン:ワンミニッツ)、6時位置のアベンチュリンディスク(星空を表現)に囲まれた北半球儀を巡るリアルな月で示されるムーンフェイズ、12時位置の日付表示、クリスタル耐傷性、無反射コーティングドーム型サファイアクリスタル、サファイアクリスタルはめ込み18Kホワイトゴールドのケースバック、18Kホワイトゴールド製リューズ(マザー・オブ・パールのモンブランエンブレム付)、手作業の‘グレン・ドルジュ’ギョーシェ入りのアンスラサイトダイアル、ダイアル外縁部のフィレ・ソーテ・ギョーシェ、大陸と海洋を手彫り・手描きした立体的な北半球儀、星空を表現したアベンチュリンディスク、500時間モンブランラボラトリーテストで性能保証

この「変身」過程は、スライドシャッターを両方向に動かす複雑な制御装置によって成立しています。320以上の部品が関与しながら同時に動かなければなりません。さらに、エグゾトゥールビヨンにも100を超える部品が使われています。シャッター、北半球儀、月とアベンチュリンのディスクなども合わせて、トータルで718もの部品が結集し、このタイムピースの洗練された美を紡ぎだしています。また、どちらの「顔」に現れるそのすべての機能を恒久的に保持する技術力は、ミネルバの衣鉢を継ぐモンブランが誇るべきことです。時、分、秒、ワールドタイム、そしてムーンフェイズは、隠された状態でも正確に動き続けています。

時計のセッティングが非常にシンプルなのも特徴です。北半球儀のホームタイムは、ゼロポジション(これで日付も回転します)でリューズを使ってセットします。一方ローカルタイムはリューズの内側にセットされたプッシャーを使って調整します。リューズを一度引き出して(第一ポジション) 回転させると、すべての表示が連動して動きます。日付(ローカルタイムに連動しています)は2時位置のコレクターを押せば調整可能で、4時位置のコレクターではムーンフェイズを調整できます。

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です